Home » 当団体について

当団体について 

我が国の戦後の発展は産業振興の賜物であるといっても過言ではありません。その産業経済の発展は、「科学技術」の振興が基盤となってきたものです。
2004年4月、大学共同利用機関法人の誕生に伴い政府の方針に相まって、エネルギー・環境・情報技術などの分野で新たなる技術開発体制が整備・強化されつつあります。

次代の技術は一朝一夕に創造されるものではありません。次代から次代に継承されていかねばなりません。

このためには次代を担う世代に早くから技術に親しく触れる機会を作って行くことが、今の働き盛りや経験者の使命であると考えます。
今、日本の先端の研究機関で何が行われているか、それを知っている人がどれだけいるでしょうか。この是正のために関係機関でも、開かれた研究所を目指して様々な啓蒙努力がなされています。

子供達は、最先端の商品に触れる機会はあっても、それらが創造される場に触れる機会は皆無と言って過言ではありません。技術に触れた子供が話せば、その親は聴く。孫が語れば祖父母は全力で理解に努めます。この流れが重要なのです。

私達は、幼い頃に考える人との触れあいの機会を持ってもらいたいとの願いを込めて、次代を担う子供達とこの研究所の接点となり、子供達と先端の研究者との交流の架け橋となることを目指して参ります。

Educating Children in science is a…

サンプルバナー

Winter

Copyright(c) 2009 NPO法人子供達と最先端科学技術の架け橋 All Rights Reserved.